岡山県行政書士会は、許認可・登録申請、遺言や相続、色々な契約・届出などの相談や書類作成をサポートする行政書士の団体です。

岡山県行政書士会
文字サイズ:
文字小文字中文字大

行政書士とは

行政書士とは

行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

行政において福祉行政が重視され、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなり、その結果、住民等が官公署に書類を提出する機会が多くなっています。
また、社会生活の複雑高度化等に伴い、その作成に高度の知識を要する書類も増加してきています。
行政書士が、官公署に提出する書類等を正確・迅速に作ることにより、国民においてその生活上の諸権利・諸利益が守られ、また行政においても、提出された書類が正確・明瞭に記載されていることにより、効率的な処理が確保されるという公共的利益があることから、行政書士制度の必要性は極めて高いと言われています。

業務は、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務へと移行してきており、高度情報通信社会における行政手続きの専門家として国民から大きく期待されています。

行政書士の仕事

普段の生活上での書類作成や、事業等を行う場合に役所に提出する書類の作成及び手続等でお困りの時、身近な相談相手となるのが行政書士です。
ご相談・仕事のご依頼は下記よりどうぞ。
車両・運輸 ・自動車登録・車庫証明・運送業許可・自賠責保険請求土地(農地) ・農地転用・開発許可・道路・水路の許可建設業・産業破棄物 ・建設業許可・経営事項審査・入札参加資格・産業廃棄物環境衛生・風俗営業 ・飲食店営業許可・旅館営業許可・風俗営業許可法人設立 ・株式会社設立・NPO法人設立・社会福祉法人設立
遺言・相続 ・遺言・遺産分割協議書・相続人調査国籍・出入国 ・帰化・在留資格・旅券権利義務・事実証明 ・各種契約書・内容証明・公正証書・示談書知的資産 ・著作権登録・種苗品種登録・知的資産経営報告書その他 ・各種営業許可・墓地経営許可・消防・危険物許可

行政書士になるには

行政書士になり、業務を行うためには下記のことが必要となります。
  • 行政書士の必要要件を満たすこと
  • 業務を行う事務所を設けて、岡山県行政書士会を経由して日本行政書士会連合会に行政書士の登録申請をして、行政書士名簿に登録すること
行政書士になるための必要要件や、欠格事由、登録申請の書類一覧など、詳しくは行政書士になるにはをご覧ください。

行政書士の報酬について

行政書士が業務を行ったときに受ける報酬額については、各行政書士が自由に定め、事務所の見やすい場所に掲示することとなっております。
報酬額について、依頼者の選択及び行政書士の業務の利便に資するため、行政書士法第10条の2第2項に基き、日本行政書士会連合会によって、5年に1度全国的な報酬額統計調査を実施しています。
なお、同一業務でも具体的な取扱い内容等によって、行政書士の受ける報酬額には大きな差が生じます。ご依頼される際の費用等の詳細につきましては、まずはお近くの行政書士にご相談ください。

>>報酬額統計調査の結果(※日本行政書士会連合会ホームページへ)

トップページへ 岡山県行政書士会
〒700-0822 岡山県岡山市北区表町三丁目22-22
TEL:086-222-9111 FAX:086-222-9150 e-mail:jimukyoku@okayama-gyosei.or.jp